「爪痕残す」追加招集の土居聖真、日本代表初選出でハリルにアピール誓う

9日から開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に臨む日本代表で追加招集となった鹿島アントラーズの土居聖真が意気込みを語っている。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は土居について「結婚式の準備をしていたようなので本当に申し訳ない」と語っていたが、土居は「間違っている情報なので」と前置きし、オフの時間を過ごしていたことを明かす。

国内組のみのメンバー選考となっているため、鹿島で同僚の選手も多く、「入りやすかった」と語る土居は、それでもオフからの切り替えが不可欠だと強調している。

「最終節終わってから体動かしてなかったんで、でもそんなにメチャクチャ日にちが経ったわけでもなく、ちょうどいいくらいだったんで、これからしっかりまず体調面っていうか、コンディションの部分を自分の中で上げてかなきゃいけないかなっていうのはあります」

「無理やりにでも切り替えようかなと考えてはいますし、たくさんの素晴らしい選手たちがいて刺激もあるので、それをしっかり自分のサッカー人生の成長につながるように持って帰れればなと思います。追加ではありますけど、来たからにはしっかり何か爪痕残して帰れたらなとは思います」

代表でアピールする部分として「攻撃でアクセントつくようなポイント」を挙げた土居。ノルマとする優勝とともに、自身の存在をハリルホジッチに示せるか注目が集まる。