オランダに完敗のポルトガル代表監督、責任を認める「選手を選んだのは私」

ポルトガル代表のフェルナンド・サントス監督は、オランダ代表を相手に完敗した責任を認めた。 ポルトガル代表は27日、ジュネーブで行われた国際親善試合でオランダ代表と対戦した。ロシア・ワールドカップ出場を逃したオランダ相手に前半だけでまさかの3失点。後半にはジョアン・カンセロが退場となり、反撃ができないまま試合終了を迎えた。 ヨーロッパ王者として臨んだ一戦でまさかの完敗を喫したポルトガルのサントス監督は、責任を感じていることを明らかにした。 「もっとよくプレーできたはずだが、敗戦の責任は私にある。選手を選んだのも、相手を分析したのも、ポゼッションを高める戦術を決めたのも私だ。失点したことにより状況は複雑になってしまった。彼らがサイドのスペースを突いてきて、前半は難しいものとなった。全体的な振る舞いは十分なものではなかった。カウンターアタックを仕掛けることができていなかった」 「ハーフタイムには『後半からは全てにおいて違うチームなれ』と伝えた。そして試合の終盤は相手にスペースを与えなかった。しかし、10人では少し難しかったようだ。我々はゴールを狙い続け、3,4回チャンスを作っていたし、1,2点取れても良かったはずだ」

日本代表でも頼むぞ!マルセイユ酒井、強豪撃破でELベスト8進出!

欧州各地で行われたUEFAヨーロッパリーグ、ラウンド16の2ndレグ。 マルセイユは敵地でのアスレティック・ビルバオ戦に1-2で勝利、2戦合計2-5で準々決勝進出を決めた。 マルセイユが欧州カップ戦でベスト8に進出するのは、2011-12シーズン以来のことだそう。 酒井宏樹はこの日もフル出場でチームの勝ち上がりに貢献。週末にはリヨンとのビッグゲームが控えている。    

左膝故障のアグエロが代表から離脱…4月のCL準々決勝やダービーにも影響か

アルゼンチンサッカー協会は、マンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロの離脱を発表した。 イタリアとスペインと強化合宿を行うアルゼンチン代表に選出されたアグエロだが、膝の故障を理由に23日のイタリア戦にメッシとともに欠場。そして、2-0で勝利した一戦の後、同選手は代表キャンプから離れ、アブダビで行われているマンチェスター・シティのトレーニングキャンプに合流するようだ。 アルゼンチンサッカー協会はツイッターで「セルヒオ・アグエロは左膝の回復のため、代表から離脱する」と発表。これにより、同選手は27日にマドリーで行われるスペイン戦に欠場することになる。 22日にホルヘ・サンパオリ監督はトレーニングの状態次第でアグエロをスペイン戦に出場させると明言していたものの、マンチェスター・シティFWはフルセッションをこなせず離脱が決まった。13日のストーク・シティ戦も欠場した同選手の容態ははっきりしていないが、4月にマンチェスターダービーやチャンピオンズリーグ準々決勝を控えるマンチェスター・シティにとって痛手となる可能性がある。

「爪痕残す」追加招集の土居聖真、日本代表初選出でハリルにアピール誓う

9日から開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に臨む日本代表で追加招集となった鹿島アントラーズの土居聖真が意気込みを語っている。 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は土居について「結婚式の準備をしていたようなので本当に申し訳ない」と語っていたが、土居は「間違っている情報なので」と前置きし、オフの時間を過ごしていたことを明かす。 国内組のみのメンバー選考となっているため、鹿島で同僚の選手も多く、「入りやすかった」と語る土居は、それでもオフからの切り替えが不可欠だと強調している。 「最終節終わってから体動かしてなかったんで、でもそんなにメチャクチャ日にちが経ったわけでもなく、ちょうどいいくらいだったんで、これからしっかりまず体調面っていうか、コンディションの部分を自分の中で上げてかなきゃいけないかなっていうのはあります」 「無理やりにでも切り替えようかなと考えてはいますし、たくさんの素晴らしい選手たちがいて刺激もあるので、それをしっかり自分のサッカー人生の成長につながるように持って帰れればなと思います。追加ではありますけど、来たからにはしっかり何か爪痕残して帰れたらなとは思います」 代表でアピールする部分として「攻撃でアクセントつくようなポイント」を挙げた土居。ノルマとする優勝とともに、自身の存在をハリルホジッチに示せるか注目が集まる。  

アンカーで輝いたいぶし銀…「今野泰幸はロシアW杯で長谷部の代役になり得るか?」の答え

通算7試合目の出場となったハリルジャパンでも、所属するガンバ大阪でも、初めて見る光景の中に34歳のチーム最年長、今野泰幸はいた。 後方にはキャプテンの昌子源(鹿島アントラーズ)とガンバの後輩、22歳の三浦弦太がセンターバックを形成している。前方に目を移せば、大島僚太(川崎フロンターレ)とガンバのチームメイト、倉田秋がインサイドハーフとして左右対で並んでいる。 中国代表と味の素スタジアムで対峙した、12日のEAFF E-1サッカー選手権第2戦。ボランチで先発フル出場した初戦の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表戦に続き、先発メンバーに名前を連ねた今野がヴァイッド・ハリルホジッチ監督から託されたポジションは、一転してアンカーだった。 「監督からは『とにかくあのポジションにいろ』と言われた。あのポジションだけは誰にも渡さないように、攻撃になってもあまり前に行かないように、サイドに流れないように意識しました」 今野が口にした「あのポジション」とは、言うまでもなく自陣のバイタルエリアだ。相手チームを含めたピッチ上のすべての選手の動きを把握し、試合の流れを正確に読み取りながら最終ラインの前における番人に徹し、ゴールやチャンスの二手前、あるいは三手前となるパスも供給する。 相手ボール時には、2人のインサイドハーフを的確に動かすコーチングも求められる。攻守両面におけるキーマンは、ハリルジャパンでは長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)が担ってきた。 しかし、国際Aマッチデー以外の開催となる今大会に、海外組は招集できない。ましてや33歳の不動のキャプテンは、今春に手術した右ひざが思わしくなく、ブンデスリーガで出場と欠場を繰り返している。現地時間9日のバイエルン・ミュンヘン戦もベンチ外だった。 「ケガの影響で長谷部がワールドカップに出られない、という最悪の事態も想定して準備しなければならない」 E-1選手権のメンバー発表会見でハリルホジッチ監督はこう語っていたが、11月のヨーロッパ遠征・ベルギー代表戦でアンカーを務めた山口蛍(セレッソ大阪)が、帰国後に右足のけがで戦線離脱した。まさに緊急事態で、白羽の矢を立てられたのが今野だった。 追加招集されたDF室屋成(FC東京)とMF土居聖真(鹿島)を含めて、今大会でA代表に初招集されたのは計7人。開幕前の時点で国際Aマッチ出場数が2桁に達していた選手は、「90」の今野の他には「10」のFW金崎夢生(鹿島)しかいない。 ワールドカップ代表歴を持つのも、南アフリカ、ブラジルと2大会連続でピッチに立った今野と、あとはGK権田修一(サガン鳥栖)だけ。しかも、後者はリザーブのままブラジル大会を終えている。 経験と実績の両面で群を抜くベテランを、ロシア大会開幕まで約半年となる段階で復帰させた理由は何か。おそらくアンカーとしての適性を実戦で試す青写真を、指揮官は描いていたはずだ。果たして、2‐1の勝利を告げる笛をピッチ上で聞き、大役を務めあげた今野は「けっこう楽しかった」と意外な思いを口にした。 「ハセ(長谷部)の真似をしようとはまったく思わなかったし、とにかく監督の要求に応えられるようにプレーしようと。どう評価されるのかは分からないけど、もっとボールを蹴れる、もっとパスをつなげると何回も思ったところを、かなりセーフティーにプレーしました。セカンドボールもよく拾ったと思うけど、運動量はそれほど多くなかった。あのポジションをほとんど崩さなかったから。けっこう長く(バイタルエリアに)いたと思いますけど」 ハリルホジッチ監督の指示を守りながら、それでも未知のポジションでアイデアがどんどん閃いてきた自分を楽しんでいたのか。スタミナも余っていたのだろう。リードを2点に広げた88分に、左サイドのゴールライン付近まで攻め上がっている今野は悪戯っぽく笑った。 チーム事情から、ガンバでの終盤戦では三浦とセンターバックを組んだ。ユーティリティーぶりも今野の特徴の一つだが、最大のストロングポイントは最終ラインの前でいぶし銀の輝きを放つ、ボールホルダーとの間合いを一気に詰めるアプローチの速さとなる。 「後ろから見ていてすごく頼もしかったし、安心感がありました」 国際Aマッチデビューを勝利で飾った三浦が声を弾ませれば、さらに後方でゴールマウスを守ったガンバのチームメイトで、長谷部のプレーぶりも熟知しているGK東口順昭は「コンちゃん(今野)の生きる道はやっぱりあそこやね」と笑う。 「ハセさん(長谷部)とは全然違うけど、守備面では誰よりもボールに対してガツガツいってくれる。後ろの選手はコースを限定しやすいですよね」 ボランチを務めた北朝鮮戦ではガンバの後輩、MF井手口陽介が終了間際に叩き込んだ決勝弾をアシストした。約2年ぶりに代表復帰を果たした、今年3月のUAE(アラブ首長国連邦)代表とのワールドカップ・アジア最終予選の大一番では、インサイドハーフとして躍動してゴールまで決めた。 「あの年でまだ成長している。ホンマに何でもできる。さすがです。すごいです」 アンカーまでそつなくこなした姿に東口が再び目を細めれば、ハリルホジッチ監督も試合後の公式会見で、ゴールを決めたFW小林悠(川崎)、昌子とともに今野を称賛している。 「タクティクスにおけるディシプリン(規律)が素晴らしかった。アンカーとして守備もよかったし、攻撃もしっかりオーガナイズできていた。(3月の)UAE戦の時の今野が戻ってきた。このパフォーマンスを数ヶ月間、続けてほしい」 指揮官の言う数カ月後、厳密には半年後にはワールドカップ・ロシア大会が開幕する。選出されれば3大会連続となる夢舞台への視界は、北朝鮮戦と中国戦を経て良好になったのだろうか。 「知らないし、何も考えていない。とにかく次の1試合。強敵の韓国代表戦が待っているので」 ゴールを決めれば「喜び方がめちゃキモい」と後輩たちからいじられ、それでいて大仕事を平然とやってのけ、日本代表に対して「生半可な覚悟で来ちゃいけない場所」と畏敬の念を抱き続ける謙虚なスーパーマンから、苦笑いとともに予想通りの言葉が返ってきた。

元日本代表MF羽生直剛が現役引退…関係者への感謝とともに「オシムさんに言われた野心を持ち続けたい」

ジェフユナイテッド千葉は5日、MF羽生直剛が現役を引退すると発表した。 羽生は千葉県出身の38歳。2002年、筑波大学からジェフユナイテッド市原に加入する。2008年にFC東京へ移籍したが、2017年から千葉に復帰していた。J1リーグ戦通算344試合に出場して29得点を記録。J2リーグ戦では通算45試合に出場して5得点を記録している。また、日本代表としても17試合に出場。しかし、昨季はJ2リーグ戦8試合の出場にとどまった。 16年間にわたるプロサッカー選手生活にピリオドを打つ決断をした羽生は、千葉の公式サイトを通じ、「この度、羽生直剛は、2017年シーズンをもちまして現役を引退する事を決意致しましたので、この場を借りて皆様にご報告させて頂きます」とコメント。 そして「2002年にプロ入りし、ジェフユナイテッド市原・千葉、FC東京、ヴァンフォーレ甲府の3クラブでプレーさせて頂きました。これまで本当に色々な事があり、様々な想いがありますが、ここで伝えたい事はやはり感謝の気持ちだけです。それは、僕のような、体が小さな選手が16年もの間、プレーしてこられたのは、たくさんの皆様の支えがあったからに他ならないと考えているからです」と、感謝の意を示す。 さらに、「これから僕は、社会人としてゼロからのスタートとなる訳ですが、ここまでのサッカー人生で学んだ、常に挑戦し続け、オシムさんにも言われた『野心』を持ち続けるメンタリティ、それは無くさぬようにしていきたいと思います。そして、僕を受け入れてくれた3クラブ、そしてサッカー界への恩返しが出来るような人間に成長する事が、今の僕の野心だと、そう考えています」と、千葉および日本代表で師事したイビチャ・オシム氏の名前を挙げ、「野心を持ち続けるメンタリティ」を今後の抱負とした。

なでしこジャパン、「本番」に向けて23名を招集 ~MS&ADカップ2018、AFC女子アジアカップヨルダン2018メンバー発表記者会見~

なでしこジャパン(日本女子代表)の高倉麻子監督は19日(月)、JFAハウス(東京都文京区)で記者会見を行い、MS&ADカップ2018並びにAFC女子アジアカップヨルダン2018に臨むメンバーを発表しました。 アルガルベカップ2018を戦ったメンバーを中心に名前が読み上げられる中、高倉監督が「ずっと注目して追いかけてきた」という川澄奈穂美選手(シアトル・レインFC/アメリカ)が2016年3月に行われたリオデジャネイロオリンピック女子アジア最終予選以来の復帰を果たしました。高倉監督は「経験もあり、勝負強さも持っている。彼女の縦への突破に期待するのと、チームが厳しい戦い中で精神的にふらつくことがあったときにはチームを締めてもらいたい」と川澄選手にピッチ内外で期待することを挙げました。 海外クラブに所属する宇津木瑠美選手(シアトル・レインFC/アメリカ)、熊谷紗希選手(オリンピック・リヨン/フランス)、横山久美選手(1.FFCフランクフルト/ドイツ)の3選手は移動にかかる負荷を考慮してアジアカップが行われるヨルダンで4月3日(火)に合流する一方で、約2年ぶりに代表復帰した川澄選手は3月26日(月)夜にチームに合流し、ガーナ女子代表との一戦に参戦します。 なでしこジャパンは高倉監督が就任してから22試合を戦い、10勝3分け9敗の戦績。高倉監督は「攻守ともに少しずつだが、進歩している」と手応えを語る一方で、「なかなか勝ち星が先行しない理由の一つに失点の多さが挙げられる。失点の内容を見ると、ミス絡みが多く、そこはチームとしての勝ちにこだわる執念や、以前のなでしこが持っていた勝利への強い気持ちがまだ自分たちには欠けている」と現状を分析。来るワールドカップ出場を懸けた戦いに向け、「なでしこジャパンとして恥ずかしくない試合を一試合一試合、心を込めて戦い、まずはワールドカップ出場を決め、目指すのは大会2連覇。強い気持ちを持って臨みたい」と力強く語りました。 なでしこジャパンは4月1日(日)に長崎でガーナ女子代表とMS&ADカップを行った後、決戦の地であるヨルダンに移動。7日(土)にAFC女子アジアカップの初戦となるベトナム女子代表戦に臨みます。 監督コメント 高倉麻子 監督 私が監督に就任してから約1年11カ月が経ちましたが、いよいよ来年のFIFA女子ワールドカップの出場権を懸けたAFC女子アジアカップが4月にヨルダンで行われます。今まで約45名ほどいろいろなメンバーの可能性を探りながら、または成長を待ちながらさまざまなトライをしてきました。就任当初、代表選手としての必要な4つの要素を挙げましたが、そのことをベースにしながら選手にはポジションも含めてトライしてもらいました。今回は本番ということもありますし、何かを試すということはせず、本番にピッチに立てる選手、戦える選手ということを重要視してメンバーを選びました。 攻守ともにいろいろなエラーが出る中で修正しながらチームを作っていますが、勝負どころでミス絡みの失点が多い。守備のところだけではないですが、試合に対する集中力、勝ちへの執念についてもう一度、選手と話をしようと思っています。チームが勝ちに向かっていくという雰囲気を全面に出して大会に臨んでいきたいです。 スケジュール 3月26日(月) 16:00 トレーニング(長崎市総合運動公園陸上競技場)*一般公開 3月27日(火) AM/PM トレーニング *一般非公開 3月28日(水) AM/PM トレーニング *一般非公開 3月29日(木) AM/PM トレーニング *一般非公開 3月30日(金) AM/PM トレーニング *一般非公開 3月31日(土) TBC PM 公式会見 公式練習 4月1日(日) 13:30 vs ガーナ女子代表 (トランスコスモススタジアム長崎) 4月2日(月) AM トレーニング 4月3日(火) TBC トレーニング 4月4日(水) TBC トレーニング 4月5日(木) TBC …

日本代表の新ユニフォーム【勝色】選手が着るとこんな感じになる

6日(月)に発表された、日本代表の新ユニフォーム。 コンセプトは藍色の一種「勝色」で深く濃いカラーリングになっているが、歴史を紡ぐ糸をイメージしたという「刺し子柄」にはファンの間で様々な意見が出ている。 そんな新ユニフォームを、選手たちが早速着てくれた! 7日(火)に行われたフォトセッションの様子を、日本サッカー協会(JFA)がYouTube上で紹介している。 実際に選手が着ているのを見ると、また違った印象を受ける! 写真ではより濃いイメージだったが、青色に近いかも? 遠くから見ると、刺し子柄がストライプ調に見えなくもない。 騎士サッカーショップは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください 2018W杯代表-クラブ ユニフォームも揃います  

トッテナム 2015-16新サードユニフォーム

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます! 今日紹介します商品は、トッテナム ユニフォーム(2015-16)です 4日、プレシーズンマッチのアウディカップでレアル・マドリーと対戦したトッテナム・ホットスパー。 試合は、トッテナムに2013年まで在籍していたギャレス・ベイルのゴールなどで0-2と敗れたが、このゲームで2015-16シーズンの新しいサードユニフォームをお披露目している。 Tottenham Hotspur 2015-16 Under Armour Third トッテナムの2015-16サードは、定番カラーの一つである紫を基調としたシンプルなデザイン。伝統的なVネックに加え、2015-16モデルの特徴である“6本線”のストライプを袖と裾に配している。 ホーム、アウェイに続いての登場だが、この“若雄鶏”の下の3本と3本、計6本のラインがデザインとして取り入れられている。 サードはパンツやソックスにもこの通り。シャツと合わせて全身紫のコーディネートだ。 本日5日に行われるアウディカップ、ミラン戦がプレシーズン最終戦となるトッテナム。8日のプレミアリーグ開幕戦では、マンチェスター・ユナイテッドとアウェイで対戦する。 www.sports-instyle.comは定期的にサッカーユニフォームを掲載しながら激安のsports用品を提供しています、是非ご来店ください

ミラン 2016-17シーズン ユニフォーム

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます! 今日紹介します商品は、ACミラン ユニフォーム(2016-17)です UEFAチャンピオンズリーグ優勝7回と、欧州屈指の名門クラブであるミラン。 しかし、昨年夏に就任したシニシャ・ミハイロヴィッチ監督はシーズン終了を待たずに解任。後を受けたクリスティアン・ブロッキ監督のチームも精彩を欠いており、EL出場権獲得に黄色信号が灯っている、決勝まで残っているコッパ・イタリアを含め、良い形でシーズンを終えられるのか注目される。 そのミランが14日、2016-17シーズンに向けた新ユニフォームを発表した。 AC Milan 2016-17 adidas Home 「ロッソネリ」ことミランの新しいホームは、もちろん伝統の赤と黒のストライプ。 一見普通のストライプ柄だが、赤いラインの下部に大きな特徴が・・・。なんと血がしたたり落ちるようなグラフィックを採用しているのだ。 これは、ミランの創立メンバーの一人であるハーバード・キルピンがチームカラーを決める際、“悪魔”をイメージして赤を選択したことに由来する(黒は“恐怖”)。 イタリア語で“悪魔”の意である「ディアヴォリ」のようなチームに、再びなることが来季のミランの目標だ。 背面は黒一色で、襟部分にイタリアの国旗カラーが配されている。 この新ユニフォームは、本日14日、逆転でのEL出場権獲得をかけたホームでのローマ戦で初使用される。 騎士サッカーショップは背番号・ 個人名・オリジナル刺繍ワッペンも速くて安価、品質と安心の老舗です。 是非ご来店ください